【絶滅したはずのカメ発見!!】 100年前から目撃されておらず絶滅を疑われていた 「フェルナンディナゾウガメ」 が発見されました 発見者は約30年間カメの保護活動に取り組んでおり、 その熱意が今回の大発見につながったようですpic.twitter.com/Q5laSpq97V

【絶滅したはずのカメ発見!!】 100年前から目撃されておらず絶滅を疑われていた 「フェルナンディナゾウガメ」 が発見されました💡 発見者は約30年間カメの保護活動に取り組んでおり、 その熱意が今回の大発見につながったようです✨

腎臓は沈黙の臓器です。 全体の75%がダメになって初めて血液検査で異常が出てきます。 尿検査でより早く、常に薄いおしっこが出ることで診断できることがあります。 多飲多尿(たくさん飲んでたくさんおしっこをする)がある場合は、ぜひ一度尿検査をお受け下さい!

腎臓は沈黙の臓器です。 全体の75%がダメになって初めて血液検査で異常が出てきます。 尿検査でより早く、常に薄いおしっこが出ることで診断できることがあります。 多飲多尿(たくさん飲んでたくさんおしっこをする)がある場合は、ぜひ一度尿検査をお受け下さい!

Y様のネコちゃんが多中心型リンパ腫を発症して治療中です。白血病ウィルスを持つネコのリンパ腫は一般的に前縦隔型が多い印象があります。Y様のネコちゃんは幸いステロイド単剤で寛解(良い状態)が得られております。飼い主様が早めに連れて来ていただいたからと思います。治療頑張りましょうね。

Y様のネコちゃんが多中心型リンパ腫を発症して治療中です。白血病ウィルスを持つネコのリンパ腫は一般的に前縦隔型が多い印象があります。Y様のネコちゃんは幸いステロイド単剤で寛解(良い状態)が得られております。飼い主様が早めに連れて来ていただいたからと思います。治療頑張りましょうね。

今年は暖冬だったためぼちぼちノミの活性が上がってきそうですね。ワンちゃんネコちゃんを飼育の皆様一度首筋から背中にかけて見てみてください。ゴマより小さな黒い粒がある場合はノミのフンの可能性が、、要注意ですよー。

今年は暖冬だったためぼちぼちノミの活性が上がってきそうですね。ワンちゃんネコちゃんを飼育の皆様一度首筋から背中にかけて見てみてください。ゴマより小さな黒い粒がある場合はノミのフンの可能性が、、要注意ですよー。

飲水量の把握は大事ですのでご自宅の動物の一日あたりの飲水量を調べてみましょう。多飲多尿の原因としては腎臓病、肝臓病、副腎疾患、糖尿病、子宮蓄膿症、尿崩症、心理的なストレスなどが挙げられます。このような病気が疑われる際はお問い合わせのうえ、小倉獣医師の予約診察に是非来て下さいね。 https://twitter.com/CosmosAnimal_b/status/1102540170149060609 …

飲水量の把握は大事ですのでご自宅の動物の一日あたりの飲水量を調べてみましょう。多飲多尿の原因としては腎臓病、肝臓病、副腎疾患、糖尿病、子宮蓄膿症、尿崩症、心理的なストレスなどが挙げられます。このような病気が疑われる際はお問い合わせのうえ、小倉獣医師の予約診察に是非来て下さいね。 https://twitter.com/CosmosAnimal_b/status/1102540170149060609 …

クーちゃんお散歩デビューおめでとうございます。初めてで周りを気にして座り込みますよね。ゆっくり馴らしてくださいね。 https://twitter.com/AX8fGTKamKSOnbn/status/1102716099630530560 …

クーちゃんお散歩デビューおめでとうございます。初めてで周りを気にして座り込みますよね。ゆっくり馴らしてくださいね。 https://twitter.com/AX8fGTKamKSOnbn/status/1102716099630530560 …

【犬のアトピー免疫学的療法に特許】 2018年10月末、 アメリカの製薬メーカーが 「抗IL-31抗体の特許承認」を発表しました! こちらが商業ベースに乗れば、 アトピーで悩むより多くの犬たちを 救うことができるかもしれません http://www.vetanimall.jp/news/clinical/10632/ …

【犬のアトピー免疫学的療法に特許💊】 2018年10月末、 アメリカの製薬メーカーが 「抗IL-31抗体の特許承認」を発表しました! こちらが商業ベースに乗れば、 アトピーで悩むより多くの犬たちを 救うことができるかもしれません✨ http://www.vetanimall.jp/news/clinical/10632/ …

下腹部の腫れは子宮蓄膿によるものです。症状は水を飲む量が増えたりオリモノが出たりします。ウサギやハリネズミは子宮ガンが多いのですが、ウサギの子宮は固く、ハリネズミの子宮は柔らかい傾向にあると感じます。

下腹部の腫れは子宮蓄膿によるものです。症状は水を飲む量が増えたりオリモノが出たりします。ウサギやハリネズミは子宮ガンが多いのですが、ウサギの子宮は固く、ハリネズミの子宮は柔らかい傾向にあると感じます。