肺炎や肺水腫(肺に水が溜まる病態)には肺エコー検査が有用です。 左の写真の黄色矢印の部分は、aラインと呼ばれ、正常で見られるものです。 右の肺水腫の写真では、aラインが消え、縦の明るい線(bライン)が複数見られます。 この他にも気胸や肺腫瘍、肺葉捻転などもエコーで診断することが可能です。pic.twitter.com/6DM9vA6uUv

肺炎や肺水腫(肺に水が溜まる病態)には肺エコー検査が有用です。 左の写真の黄色矢印の部分は、aラインと呼ばれ、正常で見られるものです。 右の肺水腫の写真では、aラインが消え、縦の明るい線(bライン)が複数見られます。 この他にも気胸や肺腫瘍、肺葉捻転などもエコーで診断することが可能です。

キナコちゃん白血病で治療中です。難しい病気ですが3日に1回のステロイド治療で頑張っております。治療前より元気出てきたとのことで嬉しく思います。これからも治療頑張りましょうね。#ハリネズミ#動物病院#白血病pic.twitter.com/YyJ6eY8du0

キナコちゃん白血病で治療中です。難しい病気ですが3日に1回のステロイド治療で頑張っております。治療前より元気出てきたとのことで嬉しく思います。これからも治療頑張りましょうね。#ハリネズミ#動物病院#白血病