心電図は心臓の電気的な動きを捉えています。 電気の流れには大まかなベクトル(方向)があり、ベクトルがプラス側だと心電図上で上向の波形が現れ、マイナス側だと下向きの波形になります。 心臓の大きさや電気伝導の遅延・遮断、本来とは違う場所での電気的興奮などを知ることができます。pic.twitter.com/wBtSOqvK9x

心電図は心臓の電気的な動きを捉えています。 電気の流れには大まかなベクトル(方向)があり、ベクトルがプラス側だと心電図上で上向の波形が現れ、マイナス側だと下向きの波形になります。 心臓の大きさや電気伝導の遅延・遮断、本来とは違う場所での電気的興奮などを知ることができます。

卵の出が悪いカメさんのレントゲン写真です。長日になるとカメさんの食欲が落ちたというお問い合わせがあります。オキシトシンという薬で排卵を誘発させますが、写真のハチちゃん卵詰まりが今回3度目ですが苦戦中です。pic.twitter.com/or2NZmA0Ix

卵の出が悪いカメさんのレントゲン写真です。長日になるとカメさんの食欲が落ちたというお問い合わせがあります。オキシトシンという薬で排卵を誘発させますが、写真のハチちゃん卵詰まりが今回3度目ですが苦戦中です。

避妊手術をしたムギちゃんが抜糸に来て下さいました。糸をかじってしまいましたが、元気になり、手術の傷もキレイになりました。ウサギさんは子宮ガンが非常に多いのでメスのウサギさんを飼育の皆さま要注意ですよ。pic.twitter.com/ZdWO0bURV0

避妊手術をしたムギちゃんが抜糸に来て下さいました。糸をかじってしまいましたが、元気になり、手術の傷もキレイになりました。ウサギさんは子宮ガンが非常に多いのでメスのウサギさんを飼育の皆さま要注意ですよ。

難解なフクロモモンガの自噛症の治療について、小倉獣医師が英文の参考書で勉強してました。彼は英文の文献も読んでます。インターナショナルですね。pic.twitter.com/FVGMsPTNa5

難解なフクロモモンガの自噛症の治療について、小倉獣医師が英文の参考書で勉強してました。彼は英文の文献も読んでます。インターナショナルですね。

血液の流れをご存知ですか? 肺から酸素をたっぷり含んだ血液を受け取った左の心臓は、その血液を全身に送り出します。 右の心臓に酸素がなくなった血液帰ってきて、肺に送り出すことにより酸素が補充されます。 これらの機能が破綻すると「左心不全」や「右心不全」が起こります。pic.twitter.com/jfqEBDyvLS

血液の流れをご存知ですか? 肺から酸素をたっぷり含んだ血液を受け取った左の心臓は、その血液を全身に送り出します。 右の心臓に酸素がなくなった血液帰ってきて、肺に送り出すことにより酸素が補充されます。 これらの機能が破綻すると「左心不全」や「右心不全」が起こります。

飼い主様と飼育している動物との関わり合い方のお話をしました。動物の治療には労力、時間、金銭など必要です。飼い主様の事情で治療が難しい場合もあるでしょう。もし治療出来なくても動物を大事にするという思いは持ち続けて下さい。無理のない範囲で治療しましょう。それぞれの治療があります。

飼い主様と飼育している動物との関わり合い方のお話をしました。動物の治療には労力、時間、金銭など必要です。飼い主様の事情で治療が難しい場合もあるでしょう。もし治療出来なくても動物を大事にするという思いは持ち続けて下さい。無理のない範囲で治療しましょう。それぞれの治療があります。