一緒に仕事をしてくれる大切な仲間、社会人として先輩の魚住さんが新人の宮下さんに大型連休前の在庫管理の仕事を教えてくれてます。お互い切磋琢磨して学び合ってね。向上心を持ち、皆でより良い診療をしていきましょう。報告、連絡、相談して皆で助け合える組織にしたいと思ってます。pic.twitter.com/zOtT1LKW40

一緒に仕事をしてくれる大切な仲間、社会人として先輩の魚住さんが新人の宮下さんに大型連休前の在庫管理の仕事を教えてくれてます。お互い切磋琢磨して学び合ってね。向上心を持ち、皆でより良い診療をしていきましょう。報告、連絡、相談して皆で助け合える組織にしたいと思ってます。

腎臓病のアジちゃん PCVの値が13%(通常約40%)と貧血がかなり進行してしまいました。当院の北川君のネコちゃんから血液を頂き輸血したところ本日26%まで回復してくれました。元気になってくれたようで何よりです。またお礼までして頂きましてY様いつもありがとうございます。アジちゃん頑張ってね!pic.twitter.com/fHDVfv8nSd

腎臓病のアジちゃん PCVの値が13%(通常約40%)と貧血がかなり進行してしまいました。当院の北川君のネコちゃんから血液を頂き輸血したところ本日26%まで回復してくれました。元気になってくれたようで何よりです。またお礼までして頂きましてY様いつもありがとうございます。アジちゃん頑張ってね!

糖尿病のコントロールを不安定にする要因として、感染症や腫瘍、腎臓病などがあります。 裏を返せば、今まで良好にコントロール出来ていたのに急に血糖値が不安定になるということは、何か病気が隠れているかもしれません。 糖尿病の治療でお悩みのかたは、お昼の予約診療をご利用ください。

糖尿病のコントロールを不安定にする要因として、感染症や腫瘍、腎臓病などがあります。 裏を返せば、今まで良好にコントロール出来ていたのに急に血糖値が不安定になるということは、何か病気が隠れているかもしれません。 糖尿病の治療でお悩みのかたは、お昼の予約診療をご利用ください。

ずっとうちの病院に来て頂いていたチワワのスージーちゃん、ネコのレオンちゃんが亡くなられました。スージーちゃんは急でしたから飼い主様が落ち込まれていて私も辛く思っております。レオンちゃんは難しい病気でしたが、最期まで大事にされていました。二匹のご冥福をお祈りします。

ずっとうちの病院に来て頂いていたチワワのスージーちゃん、ネコのレオンちゃんが亡くなられました。スージーちゃんは急でしたから飼い主様が落ち込まれていて私も辛く思っております。レオンちゃんは難しい病気でしたが、最期まで大事にされていました。二匹のご冥福をお祈りします。

今日は本当にたくさんの方に来て頂きました。予防接種のワンちゃんから、輸血処置をしたネコちゃん、慢性の下痢で治療中のフェレットさんと重病の患者さんもいらっしゃいました。今から最後はてんかんの発作が出てしまったワンちゃんの診察です。可能な限り良くなるように診療してまいります。

今日は本当にたくさんの方に来て頂きました。予防接種のワンちゃんから、輸血処置をしたネコちゃん、慢性の下痢で治療中のフェレットさんと重病の患者さんもいらっしゃいました。今から最後はてんかんの発作が出てしまったワンちゃんの診察です。可能な限り良くなるように診療してまいります。

トイプードルのチビちゃんです。まん丸なお顔がトレードマークのかわいいコです。フィラリア予防に来て下さいました。来週は歯石除去ですね。お待ちしておりますねー。pic.twitter.com/lGjTwJudCE

トイプードルのチビちゃんです。まん丸なお顔がトレードマークのかわいいコです。フィラリア予防に来て下さいました。来週は歯石除去ですね。お待ちしておりますねー。

以前膝の手術をしたリンちゃんです。だいぶ歩けるようになりました。膝蓋骨脱臼といって小型犬には多い病気です。体重管理や滑りにくい床環境にして予防しましょうね。pic.twitter.com/J86ni6sueJ

以前膝の手術をしたリンちゃんです。だいぶ歩けるようになりました。膝蓋骨脱臼といって小型犬には多い病気です。体重管理や滑りにくい床環境にして予防しましょうね。

うさぎのヒメちゃんです。2週間毎に健診に来て頂いてます。体重も少し落ちました。大好きな麦のお菓子も控えているとのことです。長生きしましょうね。少しずつ体重落としていきましょう!pic.twitter.com/rtP25FKa0W

うさぎのヒメちゃんです。2週間毎に健診に来て頂いてます。体重も少し落ちました。大好きな麦のお菓子も控えているとのことです。長生きしましょうね。少しずつ体重落としていきましょう!

高齢の小型犬のわんちゃんの咳の原因に、気管虚脱という気管のトラブルがあります。 心臓が大きいから心臓性の咳だろう。。と思っていたら実は気管虚脱が隠れていたというケースは多いです。 レントゲンで診断できる病気ですので、咳が気になる方はお昼の予約診療をご利用ください。

高齢の小型犬のわんちゃんの咳の原因に、気管虚脱という気管のトラブルがあります。 心臓が大きいから心臓性の咳だろう。。と思っていたら実は気管虚脱が隠れていたというケースは多いです。 レントゲンで診断できる病気ですので、咳が気になる方はお昼の予約診療をご利用ください。

カミーユちゃんが健診に来て下さいました。身体は大きいですが性格がおおらかなコです。次は尿検査やりましょう。頑張ってオシッコとってみて下さいね。pic.twitter.com/TTF4Ypgj83

カミーユちゃんが健診に来て下さいました。身体は大きいですが性格がおおらかなコです。次は尿検査やりましょう。頑張ってオシッコとってみて下さいね。