犬の僧帽弁閉鎖不全(MR)は、最も頻繁に見る心疾患です。 弁の粘液腫様変性により、弁での血液の逆流が起こります。 小型犬に非常に多く、11歳以上のキャバリア犬はほぼ100%罹患すると言われています。 小型犬やキャバリアのわんちゃんは、定期的な心臓の検査をお勧めします。

犬の僧帽弁閉鎖不全(MR)は、最も頻繁に見る心疾患です。 弁の粘液腫様変性により、弁での血液の逆流が起こります。 小型犬に非常に多く、11歳以上のキャバリア犬はほぼ100%罹患すると言われています。 小型犬やキャバリアのわんちゃんは、定期的な心臓の検査をお勧めします。

ヒメちゃん200グラムの減量に成功しました!素晴らしい!飼い主様のN様も強い気持ちで食事管理できましたね。長生き目指して頑張りましょう。美味しいおやつを与えれないのは飼い主様も辛いですよね。長く一緒にいて欲しいのでダイエット頑張っていきましょうね。pic.twitter.com/ykN7LZOhkH

ヒメちゃん200グラムの減量に成功しました!素晴らしい!飼い主様のN様も強い気持ちで食事管理できましたね。長生き目指して頑張りましょう。美味しいおやつを与えれないのは飼い主様も辛いですよね。長く一緒にいて欲しいのでダイエット頑張っていきましょうね。

お昼の時間に柴のフクちゃんの往診に行ってきました。アレルギーで先月からアトピカというお薬で治療中です。食事療法も頑張っているのでスリムになっており、皮膚も少しずつ良くなってきてます。パパやママ、会社の社員さんにも大事にされているマスコット犬なんですよ。幸せそうで羨ましい。pic.twitter.com/xtrBLGuzOZ

お昼の時間に柴のフクちゃんの往診に行ってきました。アレルギーで先月からアトピカというお薬で治療中です。食事療法も頑張っているのでスリムになっており、皮膚も少しずつ良くなってきてます。パパやママ、会社の社員さんにも大事にされているマスコット犬なんですよ。幸せそうで羨ましい。

アメリカンブリーの ロウシちゃんです。アメリカンブリーは私初めてでした。おじいさんは38キロもあったそうです。大きくなりそうでこれから楽しみですね。しつけ教室来て下さいね。しっかりトレーニングしていきましょう。pic.twitter.com/fsDEZFMiKH

アメリカンブリーの ロウシちゃんです。アメリカンブリーは私初めてでした。おじいさんは38キロもあったそうです。大きくなりそうでこれから楽しみですね。しつけ教室来て下さいね。しっかりトレーニングしていきましょう。

ぼちぼち雨降りの季節が到来します。これからの時期に多いのが動物達の皮膚病です。ワンちゃんは月に2回くらいのシャンプーが良いでしょう。長毛のネコちゃんはトリミングでサマーカットもいいかもしれません。湿度が苦手なエキゾチックアニマル達も皮膚病には要注意ですよ!

ぼちぼち雨降りの季節が到来します。これからの時期に多いのが動物達の皮膚病です。ワンちゃんは月に2回くらいのシャンプーが良いでしょう。長毛のネコちゃんはトリミングでサマーカットもいいかもしれません。湿度が苦手なエキゾチックアニマル達も皮膚病には要注意ですよ!

雄のデグーやフクロモモンガにみられる自咬症について、彼等は発情の欲求から自らの尻尾やお腹を噛んで傷だらけにすることがあり、そのようになると治療困難になることがあります。雄の単独飼育の場合は去勢すると性的欲求がなくなるため自咬症の予防にもなります。特にこの2種は要注意ですね。

雄のデグーやフクロモモンガにみられる自咬症について、彼等は発情の欲求から自らの尻尾やお腹を噛んで傷だらけにすることがあり、そのようになると治療困難になることがあります。雄の単独飼育の場合は去勢すると性的欲求がなくなるため自咬症の予防にもなります。特にこの2種は要注意ですね。

バーニーズのラテちゃんです。2回目のワクチンに来て頂きました。バーニーズの仔犬さんに会えたのは何年ぶりでしょうか!?可愛すぎました。最近大型犬を飼育される方がちらほらいらっしゃいます。大型犬の仔犬さんだけのしつけ教室の時間作るように検討しますね。ではラテちゃんまた来てね。pic.twitter.com/GO4D6hMKAv

バーニーズのラテちゃんです。2回目のワクチンに来て頂きました。バーニーズの仔犬さんに会えたのは何年ぶりでしょうか!?可愛すぎました。最近大型犬を飼育される方がちらほらいらっしゃいます。大型犬の仔犬さんだけのしつけ教室の時間作るように検討しますね。ではラテちゃんまた来てね。

心臓と、周りの心膜の間に液体がたまる病気を心タンポナーデといいます。 左が正常、右が異常です。 心臓に血液が戻りにくくなり、低血圧から虚脱が起こります。 液体を抜くことで、症状の改善が期待できます。 原因としてわんちゃんでは腫瘍が70%を占め、他にも心臓破裂、原因不明が多いです。pic.twitter.com/R5HqsGEOJZ

心臓と、周りの心膜の間に液体がたまる病気を心タンポナーデといいます。 左が正常、右が異常です。 心臓に血液が戻りにくくなり、低血圧から虚脱が起こります。 液体を抜くことで、症状の改善が期待できます。 原因としてわんちゃんでは腫瘍が70%を占め、他にも心臓破裂、原因不明が多いです。

クロちゃんです。糖尿病で治療中のチーちゃんの兄弟ネコです。今日は大人しくワクチン出来ましたね。S様いつも来て頂いてありがとうございます。ダイエットにも成功して少し体重減りましたね。頑張りました!pic.twitter.com/1bZYGH33kt

クロちゃんです。糖尿病で治療中のチーちゃんの兄弟ネコです。今日は大人しくワクチン出来ましたね。S様いつも来て頂いてありがとうございます。ダイエットにも成功して少し体重減りましたね。頑張りました!

元保護犬の新しい仲間ヒロシ君です。愛護団体のSORAさんからのご紹介で来て下さいました。ワンちゃんを大事にして下さる飼い主様に出会えて良かったね!pic.twitter.com/RhLoTs3US4

元保護犬の新しい仲間ヒロシ君です。愛護団体のSORAさんからのご紹介で来て下さいました。ワンちゃんを大事にして下さる飼い主様に出会えて良かったね!