動物病院 名古屋

犬・猫・エキゾチックアニマルのことなら当院にお任せください。

コスモス動物病院

トイプードルイラスト

電話番号0525086836年中無休

〒451-0016 名古屋市西区庄内通1-40 ミユキモールサウスサイド1F

お問い合わせはこちら

診察できる動物 小鳥診察できる動物 小鳥

TOP > 診察できる動物>小鳥

発情異常

非常に特徴的な病気なのですが、意外と知られていないように思われます。
産卵は年にあっても1~2回が普通なのに毎月産卵が続いて、餌を吐いたり、おしりをこすりつけたりする発情行動が続いてしまいます。
すると代謝障害を起こしてしまい、筋肉がすり減り、腹壁ヘルニアを起こします。
また含気骨と呼ばれる空洞の骨の中にカルシウムを貯えてしまい、重くなり貧血を起こし弱ってしまうのです。
また肝障害を起こし、衰弱していくと死んでしまうこともあります。卵詰まりも発情異常からなることが多いです。

胃腸疾患

嘔吐や緑色の便や黒い下痢便がでると要注意してください。
便検査をお勧めします。
メガバクテリアや寄生虫の感染、カンジダの感染、細菌のバランスが崩れていることがあります。
またアクセサリーやカーテンの重りなどをかじってしまい、重金属中毒でも激しい嘔吐や下痢を起こしてしまいます。